Logicool G600からのコマンドがリモートデスクトップに正しく届かない。

私は、Logicool G600というマウスに、Ctrl+Cなどのショートカットを割り当てて使っているのだが、リモートデスクトップで実行すると、Ctrl+CがCだけになっていた。

調査

G600からリモートデスクトップ先に飛ばした結果をAutoHotKeyで確認してみると、下記のようになっていた。(d: キーダウン、u: キーアップ)

G600: Ctrl+C
リモートデスクトップ先:
	d	LCtrl
	u	LCtrl
	d	c
	u	LCtrl
	u	c

G600: LShift+LWin+Up
リモートデスクトップ先:
	d	LShift
	d	LWin
	u	LShift
	d	Up
	u	LShift
	u	LWin
	u	Up

リモートデスクトップ先では、CtrlなどのWinキー以外の修飾キーはUPになってから、目的キーが押される状態になってるみたい。

対策

G600単体では対応が無理だった。仕方がないので、G600にはF13~F24で適当なのと、Win+F13~F24キーで指定しました。

注意点は、Winとの組み合わせを使うときは、下記のように、WinキーをUP、UpするまでWait、それからショートカットキーを実行するということです。しないと、^#Cという感じになるんでうまく動かないことがあります。

F20::^x
#F20::
	Send, {F20 Up}{Win Up}
	KeyWait, LWin
	KeyWait, F20
	Send ^c
return
F21::^v

ひと先ず、こんな感じの.ahkファイルをリモート先で実行し、Funcキーでやり取りするようにすれば、うまく動くようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です