[AHK]連想配列と構造体

AutoHotkeyでも連想配列が使えるようだったので試してみた。

^+a::
	test:= Object()
	test["bb"]:="bbb"
	msgbox, % test["bb"]
return

^+b::
	test:={"a": "abc", "b": "def"}
	msgbox, % test["a"] ", " test["b"]
return

^+c::
	test:=Object("a", "ca", "b", "cb")
	msgbox, % test["a"] ", " test["b"]
return

ちょっと感動するレベルで簡単に使えてびっくりw

注意点は、test[“bb”]:=”bbb” のように代入する場合、最初にObjectを作成しておかないといけないことぐらい。

AHKマジスゲー

 

2021/08/15, 追記

もしかして、Objectは構造体としても使えるのか?と思い適当に下記のように書いてみた。

^+a::
	test:= Object()
	test.str:="何か"
	test.val:=11
	msgbox, % test.str ", " test.val
return

サクッと使えたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です