コスパ最強のはんだ吸い取り機は何なんだい?

ちょっと基盤のスイッチ交換することになったんだけど、半田ごてで温めて吸い取るタイプのしか持ってなかった。

白光(HAKKO) SPPON

このタイプって結構使いにくいから、ある程度部品外しを頻繁にやる人は大体、下図のようなポンプ式を使ってる。

白光(HAKKO) ダイヤル式温度制御はんだ吸取器 ハンディタイプ FR301-81

しかしながら、こいつの値段は18000~20000円程度。。。

高い。

というわけで、もう少し安く良いもの無いか探してみたところ、ありました。

電熱式手動スッポン。

YIHUA 929D-V

お値段4000円程度でした。

ポンプタイプの1/5程度。

悪くないよ。うん。

届いたものは、こんな感じ。台座とか色々おまけがついてるのが中国製っぽい。

ワット数は30Wと低めですね。

使ってみた感想としては、しゅぽしゅぽ簡単に取れる!

ブーブー連続的に吸い取ることは出来ないから、取れ度合いとしては、ポンプ式に負けるけど、ただの手動スッポンを使うのとは雲泥の差ですね。

 

今回は、温調はんだごても買ってみました。90℃~480℃設定で、110Wと記載がありました。

 

YIHUA 928D-III

まあ、中国製なんで、ワット数とか本当?と思う部分もありますが、室温20℃程度で、350℃まで10秒ぐらいで昇温したので中々ではないでしょうか。

こて台とこて先もオマケで付いてたのが地味に助かります。

温調のおかげかはんだの安定性も上がった感じがするので非常にいい買い物だったと思います。

 

検索用: 電熱式はんだ吸い取り機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。