I’ll try to separate Stirling engine cycle precisely. スターリングエンジンのサイクルを丁寧に分解してみる。

I tried to understand Stirling engine cycle precisely. But I felt almost explanations are few process flow or mixing.

Then I tried to order engine cycle dynamics and thermal process.

スターリングエンジンサイクルの説明見たけど今一つ理解できなかったんで整理してみる。

1) Start heating and give initial rotate.

 加熱開始。スターターを回す。

2) Initial drive and heating side work a rotor. Cooling side get work from heating side. Cooling is assumed air and initial phase temperature of cooling side is assumed same as atmosphere. Most Volume compression phase.

 初期始動と、加熱によりローターが回され始める。冷却側の空気は加熱側の仕事で廃棄される。冷却は外気温とし、初動は内気が同じ温度の想定。

3) Finish output of cooling side.

 冷却側の空気排出完了。

4) heating side work a rotor.

 加熱側がローターを動かす。

5) Most volume expansion phase.

6) Exhaust hot air and cooling.

 熱い空気を排出し、冷却側で冷却。

7) Finish exhaust and cooling air with compression for shrinking volume.

 熱い空気の排出完了。空気を圧縮しながら冷却し、体積を縮小。

8) Finish output of cooling side. Subsequent action repeat from No.4.

 冷却側の空気排出完了。以降はNo.4から繰り返し。

Most compression phase of all air is right bottom(No.2), and most expansion phase is left top(No.5). These phase looks like important. 

ふむ、右下に来る時最圧縮、左上に来る時最膨張フェーズがあることに注目すると良さげ。

それぞれのピストンの上死点下死点に加えて、全体の圧縮膨張点を持ってるのが面白いし、これが上手くそれぞれのピストンを動かしたいタイミングに来てるのも面白いですね。

カルノーサイクルとかミラーサイクルも、P-V線図はよく出てるけど、実際のエンジンのサイクルを分解して説明してるの中々無いんだよねー(´・ω・`)

その内そっちも整理してみるかも。

 

そういえばDr.STONEというマンガだと、このスターリングエンジンを逆回ししたスターリングクーラーで冷蔵庫作ってますね。

熱エネルギーと仕事の返変換器としてもおもしろいとおもいます。

 

検索用: How to work Stirling engine, スターリングエンジンの仕組み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。