ロシア人兵士の命の価格。ロシア価格は激安。ウクライナ価格はお値打ち?

中央日報の記事見てると、

 ロシア連邦国防省: 死んだロシア兵士の家族に1万1000ルーブル(約1万1504円)

 ウクライナ国防相: 降伏したロシア兵士に500万ルーブル(約517万円)

と、記載があった。

対戦車ミサイルジャベリン(FGM-148 Javelin)の価格がUnit cost US$175,203 (missile only, FY2021)なので、1ドル115円で、1発 約2000万。

ロシア陸軍の戦車T-90だと、乗員は3名なので、台当たりコスト1500万で無力化できたら、ジャベリンより安い。戦車の無力化をやってもらった上で、兵士が安全に降伏できるなら、ありだなと思う。

 

因みに、CNNの記事見ると、

  国防費 現役兵 予備役
ロシア

458億ドル

(約5兆2670億円)

90.0万人 200万人
ウクライナ

47億ドル

(約5400億円)

19.6万人 _90万人

(IISS Military Balance, 2022)

となっている。

90万人に1.5万円払っても、135億円なので、プーチン。。。って感じになる。

逆に、90万人に500万を払うと、4.5兆円になるので、ウクライナの国防費超えちゃう。ウクライナへ安全に降伏できるか分からない中、ロシア兵士が大量に押し寄せることは無いだろうけど。

 

余談

ちょっと前は、1ルーブル1.5円くらいでしたが、3/4時点で0.93円と1円割っちゃってます。

ロシアの人命は激安ですが、国の価値も激安化。

この辺は、日本も激安化していってるので、他人ごとではないですね。

同じ労働でも、アメリカと日本で倍ぐらい時給違いますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。