Chromeだと開けるが、IE11だと開けないページに遭遇。。。

私はWWWCを使って、Webページの更新チェックをしているのだが、Google Chromeだと普通に開けるが、WWWCだとエラーになるページに遭遇した。
このページは、Internet Explorer 11でも開けず、次のようにエラーが出た。

このページに安全に接続できません
サイトで古いか安全でない TLS セキュリティ設定が使用されている可能性があります。この問題が解決しない場合は、Web サイトの所有者に連絡してください。
お使いの TLS セキュリティ設定は既定値に設定されておらず、このエラーの原因となっている可能性もあります。

多分、WWWCのhtml取得は、IEのライブラリを使っているんだろう。

このページは、chromeなら見れるので、chromeの接続を調べてみた。調べ方は、
chromeの右上にある縦の・・・ボタンから、その他ツール→デベロッパーツール、
上にあるSecurityタブをクリック。

結果としては、Connectionの項を見ると、TLS 1.3を使ってると書いてあった。

ここで、IEのインターネットオプションを見ると、「TLS1.3を使用する(試験段階)」と記載があり、どうやらTLS1.3には正式対応してないため、見れないページがあるようだ。

さらに調べると最新のEdgeは、TLS1.3に対応しているらしいと分かった。正し、Windows Updateだとまだインストールされないので、自分でインストールする必要があるようだ。下記からダウンロードしてインストールすると、問題なくTLS1.3のページが開いた。

Microsoft Edge(https://www.microsoft.com/ja-jp/edge)

これまでのEdgeは設定を開くとIEのインターネットオプションが開いたので、これでIEもTLS1.3に対応すると思ったのだが、最新のEdgeは完全にIEとは独立しているようでダメだった。

 

解決案を考えてみる。

・IEにTLS1.3を対応させるパッチは出てないか。

・WWWCのソース取得をchromiumで出来ないか。WWWCのプロトコルのdllとして誰か作ってないか。

・TLS1.3のページをTLS1.2にコンバートして返してくれるページ無いか。

探してみたけどどれもない・・・orz

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です