インピーダンス/リアクタンス/インダクタンスの意味整理

言葉が乱立して少し混乱したので、整理。

各要素の包含関係。「()」内はよく使う記号。[ω: 周波数, j: 虚数記号]

全体の抵抗:インピーダンス(Z)

直流に影響される部分: レジスタンス(R)
交流に影響される部分: リアクタンス(X) コイルに影響される部分: 誘導性リアクタンス(X_L=ωL) インダクタンス, コイルの特性(L)
キャパシタに影響される部分: 容量性リアクタンス(X_C=1/(ωC)) 電気容量,キャパシタンス(C)

 

インピーダンス(Z)(impedance): 回路の電圧と電流の比。単位はオーム[Ω]。

抵抗(R)(resistance, レジスタンス): 電気抵抗の抵抗値。単位はオーム[Ω]。

(部品を指すときは「キャパシタ」みたいに「~タ」って言って、その電気容量のような部品パラメータは「キャパシタンス」のように、「~タンス」というのかと思っていたが、抵抗に関しては、どちらもレジスタンスというみたい。)

リアクタンス(X)(reactance): 交流成分によって発生する抵抗値。インダクタンス(inductance)やキャパシタンス(capacitance)によって発生する。

インダクタンス(L)(inductance): インダクタ(inductor, コイルのこと)の特性パラメータ。よくLで表記される。単位はヘンリー[H]。

キャパシタンス(C)(capacitance): キャパシタの電気容量(静電容量)。単位はファラド[F]。

 

参考にしたサイト

インピーダンスとは何か

◆インピーダンスって何よ?

 http://denshikit.main.jp/topf/technology06.html

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です