F-2戦闘機に使われているネジの形って何て種類なんでしょう。

今日テレビ見てたら、テレビ東京の超スゴ!自衛隊の裏側 ぜ~んぶ見せちゃいます!予習復習スペシャルって番組でF2の外板を止めてるネジの形が出てたんだけど、F-2の外板は、プラスネジの十字が、中心から少しオフセットした形のネジで留められてるみたい。

F-2の外板締結ネジ形状

こんな特殊ネジあったっけ?って思って調べてみたけどそれっぽい形が見つからない。。。

いたずら防止系のネジも見てみたけど、トライウィングっていう三叉路をオフセットした感じのしか見つからなかった。

プラス系だと、十字ピンぐらい。

調べてると、アメリカ軍機のネジ形状の写真が見つかった。これらは普通のトルクスに見える。

http://orbitseals.blogspot.com/2018/05/yf-23-f-22-f-35b-stealth-bolt.html, 5.ステルス戦闘機のファスナーボルト比較 より。

わざわざ専用開発したとすると、日本で改修した部位をアメリカに勝手に開けられないため?

ちょっとグラインダーで工具作れば開けれそうだけど、ドアの2ロックと同じノリで、ワンクッション入れることが目的なんだろうか。。。

知ってる人いたら教えて欲しいー。

 

 

若干話変わるけど、実は普通のプラスネジも、フィリップスとポジドライブっていう2種類の系統があるらしい。

一般的な日本のプラスネジは、フィリップス形(Phillips)というのに属するもので、アメリカやヨーロッパで使われてるとのこと。厳密には、日本のプラス形とフィリップス形は微妙に形状が違うけどほぼ同じらしい。

これとは別に、ドイツや英国などのヨーロッパでは、ポジドライブ形(Pozidriv)というのが普及してるそうで、普通のプラス形に追加して楔形状が十字に追加された形状のものよう。ネジ頭には、十字型の溝の対角方向に小さな4つの刻みが入ってる。(細かい形状は画像リンク先の商品ページ見た方が見やすい)

フィリップス形は「PH」や「H」、ポジドライブは「PZ」や「Z」の記号が使われるとのこと。

Amazonの商品見てると、フィリップスは、PH1、ポジドライブは1 PZという感じで、数字の位置も違うみたい。

後、ポジドライブのネジにフィリップスを使うと、ネジを滑させることが多いとのこと。確かに、ポジドライブネジにフィリップス入れると、掛かりが浅そうだし、壊れることありそう。

 

参考

・いたずら防止ねじ, https://neji-no1.com/category/step2_15.html

検索用: ねじの形、螺子、航空機、特殊ネジ、戦闘機の表面締結、リベット、ファスナーボルト、+ネジの種類、日本軍、アメリカ軍、空軍、航空自衛隊、機密管理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です