NiZ 84キーを買ってみました。

色々嵌ったことあったんでメモしときます。


キーボードの書き換え方
AKEEYOのサイトから84キー プログラムソフトウェアをダウンロードして書き換えようとしたんだけど地味に嵌った。
ウェブの取扱説明書を読んでみると、キーボードのモード切替を行わないと、書き換えが出来ないようだった。
説明書見てみるとこんな感じ。

1.モードの切替(Office/Program)
Officeモード:工場出荷状態、各キーの機能は固定で変更できません。 
Programモード:専用プログラムで各キーの機能を変更できます。
モード切替方法:右Fn+(M)ボタン(Deleteボタンに該当)を同時に2秒ぐらい押して、F12キーが
約10秒点灯後消灯ならProgramモードになります、F12キーが約0.5秒
点灯後消灯ならOfficeモードに戻ります。

マニュアルだと、F12が光るとか書いてあるんだけど、F12はUSB繋いだ時点で光りっぱなし。
Deleteキーが光るの間違いみたい。


使ってみてアンダーバー「_」が打てないことに気づく。
キー設定を自由に変えられるんだから、日本語キーボードの「_」に該当するものを割り当てるだけだと思ってたんだが、NiZは英語配列キーボードに存在しないキーは割り当てできないみたい。

日本語キーボードから右下の\打ち込んでも、「<>」と表示される。WriteKeysを押して書き込んでも何も反応しない。

こことかと同じようにの方法でキーボードレイアウトを日本語キーボード(106/109キー)から英語キーボード(101/102キー)へ変更してもいいが、半角/全角キーは使いたいし、JIS配列キーボード使うこともあるので、US配列は使いたくない。


そこで、Change Keyというソフトを使って、キーマップを変更することを試みた。
レジストリを書き換えて、設定することになるのだが、試しにInsertキーに該当キーを割り当ててみた。
この状態で、InsertをNiZキーボードで割り当てると、目的のキーとして動くようになった。
出来ればpauseのようなもっと使わないキーを割り当てたかったのだが、一部キーはレジストリ書き換えで割り当てられないらしい。

というわけで、もう少し調査。

結論から言うと、Auto Hot Keyを使うと出来そう。
https://www.autohotkey.com/

インストーラーダウンロードして、インストール。(zipもあるけど必ずインストーラーを使うこと。)
インストールしようとした、下記3種類あるようだった。
・Unicode 32-bit
・Unicode 64-bit
・ANSI 32-bit
日本語みたいなマルチバイト文字使うならUnicode一択で、64bitOSなら64bit使えば良いんじゃないという程度のようなので、versionはUnicode 64-bitにしておいた。

 

後は、NiZに使わないキーを割り当てて、AutoHotkeyでバインドすればOK。バインドするキーの候補だが、絶対に使わないキーといえば、F13~F24だと思ったんで、Fスクリ-ンキ-ボ-ドから割り当てようとした。しかしながら、NiZはF13~F24は割り当てられないようだった。代わりに、マルチメディア系キーは設定できたので、これらのキーを割り当てて、AutoHotKeyでバインドすることにした。(割り当ては、NiZのソフトで設定したいキーをクリックし、Multimediaタブをクリックすると、マルチメディア系のボタンが選択できる。)

 

んで、適当なテキストファイルを作り、下記のような感じで記入。

Browser_Home::\ ;右上のバックスラッシュに変更
+Browser_Home::_ ;shiftとセットでアンダーバー
Browser_Favorites::| ;バックスラッシュに変更

拡張子を、.txtから.ahkへ変更

このファイルをダブルクリックすると、キーマップが変更されるようになる。

構文は、::の左側のキーを右側のキーへ変更するという意味になる。;の後ろはコメント文となり、処理には使われない。

例えば、

1行目: ブラウザ ホームキーを押すと「\」キーが入力されるようになる。 

2行目: shift+ブラウザ ホームキーを押すと「_」が入力されるようになる。 

下記記号を付けると、それぞれのキーを押しながらという意味になる。Ctrl+Shiftなら、^+という感じで付ける。

^: Ctrl

+: Shift

!: Alt

#: Windowsキー 

 

キーの種類は下記を参照。

キーの種類

 http://ahkwiki.net/KeyList

無変換キーなどの特殊キーはvk1Dsc07Bのような感じで載っているが、このまま入れるとNGだった。
Browser_Search::vk1Dsc07B ;NG
Browser_Search::sc07B ;OK
Browser_Search::vk1D ;OK

scというのがスキャンコードで、vkというのがバーチャルコードという意味らしい。
昔は、vk1Dsc07Bのようにvkとscを続けて表記する形式だったようですが、今はエラーになるので注意が必要。

 

後は、作った.ahkファイルへのショートカットをWindowsのスタートアップフォルダに入れておけば、PC起動時に自動的にキーマップが変更される。

Win10の場合のスタートアップフォルダ

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

 

 

しかし、NiZのキーボード拡張性高すぎw

マジ便利。これで、日本語配列だったら、HHKよりこっち使うべきって素直に言える。

35gキーはキーボードを水平にしてると、手を置いてるだけでキーが押し込まれちゃう。傾けて使うと多少ましだけど、バネ入れてもう少し重くしようと思います。

英字キーボードなんで少し使いにくい部分もありますが、トータルでは満足です。

 

完全に蛇足だけど、アンダーバーってよく言ってる「_」の記号ですが、アンダースコアっていうらしい。

アンダースコア(ウィキペディア)

英語辞書でunderbarって引いても出ないから和製英語っぽい。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です