カレントディレクトリを変更した状態で、管理者権限でコマンドプロンプトを開きたい。

PSToolsというcuiツールを使うにあたって、path通すのもめんどいんで、カレントディレクトリをPSToolsのディレクトリにした状態でコマンドプロンプトを開くショートカット作ることにした。

これだけだったら、cmd.exeのショートカットを作って、プロパティの作業フォルダに設定したいフォルダを指定すれば、常にそのディレクトリをカレントとして、コマンドプロンプトが開く。

しかし、今回はこれに加えて、管理者権限で使いたかったんで、
 ショートカットのプロパティ→「ショートカット」タブ→詳細設定
で管理者として実行にチェックを入れてやった。

当然目的のディレクトリがカレントで管理者として開くと思ったのだが、管理者として実行にチェックを入れると、

C:\WINDOWS\system32
がディレクトリになってしまう。

仕方が無いのでバッチファイルを書くことにした。

PSToolsのディレクトリに下記のように書いた.batファイルを作成。

@cd /d %~pd0
@cmd /k

このバッチファイルのショートカットを作成し、プロパテティ→「ショートカット」タブ→詳細設定から管理者として実行にチェックを入れてやると、任意のディレクトリをカレントディレクトリにした状態で、管理者として実行できるようになった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です