Plenary Talkって何ですか?っとw

Plenary TalkとかPlenary Lectureってワードが出てきたけど意味がわかんなかったのでメモ

何でも、国際会議みたいな学会だと、同じ時間帯に複数の講演をやってることがあるそうだ。
当然その時間帯にやっている複数の講演を聴くことは出来ない。
聞きたい人が限られてる物については、同時にやっても問題はないが、皆が聞きたいと思う内容ならその時間帯はその講演のみをやる方が良い。
こういう、その時間帯にその講演のみ行われる講演をPlenary TalkとかPlenary Lectureって言うらしい。

まあ、主催者が皆聞きたいと思ってるだけで、参加者は別に聞きたくない場合もあるらしいがw


Plenaryって辞書引くと

Plenary
ple・na・ry /plíːnəri, [米+]plé-/
[形](通例比較なし) [通例限定][正式]
1 〈権力などが〉完全な;絶対的な, 無条件の
~ powers|全権.
2 〈会議などが〉全員出席のもとに開かれる.
━━[名][C]総会, 本会議.

ジーニアス英和辞典 第4版 (C) Taishukan, 2006-2008

という風に載っている。
つまり、ここでのPlenaryは総会とか本会議って意味じゃなく、全員参加するってニュアンスを完全なとか絶対的なって意味合いで伝えているようだね。


Meaning: Plenary Talk, Plenary Lecture
For example in the big conference or big lecture like International Conference, some presenters may talk at the same time at the each place.
If many lectures take place at the same time with the lecture many people want to listen, not attractive lectures will be sparse.
Therefore when the lecture that very many peoples want to listen take place, it have no meaning that other lectures take place, and so when this type of lecture takes place, other lectures don’t.
And this type of lecture that take place only at the time is called plenary lecture.

 

備考: 旧ブログ移植

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。