CravingExplorerで320kbpsの高音質mp3で保存する方法(任意の項目の追加方法)

下記ファイルに該当するファイルを編集する。
C:\Program Files (x86)\CravingExplorer\template\convert.xml

下記のような階層に下記のようにMP3コンバートに関する記述がある。

<Convert version="1.1">
	<Music>
		<Item>
			<DisplayName>MP3</DisplayName>
			<Accelerator>M</Accelerator>
			<ActionName>mp3</ActionName>
			<CommandLine>-acodec libmp3lame -ac 2 -ar 44100 -ab 128k</CommandLine>
			<FileExtension>mp3</FileExtension>
			<BeforeAction></BeforeAction>
			<AfterAction></AfterAction>
		</Item>
	</Music>
</Convert>

このItemに該当するものを増やせば任意のコンバート方式を追加できる。
例えば下記のような項目を追加すると、音声を保存の項目にMP3_320kbpsで保存の項目が追加され、キーボード操作の際のキーはH、<CommandLine>-acodec libmp3lame -ac 2 -ar 44100 -ab 320k</CommandLine>のように128kを320kに書き換えることで320kbpsのmp3で保存することが指定される。
また、ActionNameは他の項目とは異なる名前を与えなければならない。
多分プログラム上で操作する際の実行に利用している模様。
この項目名が同名の項目があると、プログラム上で異なる名前の項目を選択しても、xmlファイルで先に指定されている項目の設定で実行される。

		<Item>
			<DisplayName>MP3_320kbps</DisplayName>
			<Accelerator>H</Accelerator>
			<ActionName>mp3-128k</ActionName>
			<CommandLine>-acodec libmp3lame -ac 2 -ar 44100 -ab 320k</CommandLine>
			<FileExtension>mp3</FileExtension>
			<BeforeAction></BeforeAction>
			<AfterAction></AfterAction>
		</Item>

備考: 旧ブログ移植

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。