【MATLAB】ダブルクオーテーションとシングルクオーテーションで括った文字列の違い。

MATLABでdisp関数を使うと、ダブルクオーテーションとシングルクオーテーションで文字列配列の出力が違ったのでメモ。

disp([“a”,”b”])

a b

文字列配列として、結果が出力される。

 

disp([‘a’,’b’])

ab

とベクトルの要素が連結された文字列が出力される。

 

ダブルクオーテーションとシングルクオーテーションで括った文字列の違い

ダブルクオーテーションで括るとString型
str_s=”test s”

シングルクオーテーションで括るとChar型
str_c=’test c’

として、取り扱われる。

StringもCharもC言語と同じ感じで使える。

string型なら、「+」演算子で文字列結合可能。

 

つまり、disp関数はchar型なら、連結して出力するが、string型は配列として認識する。

基本的にstring使って、文字列結合したいときは+で書くようにしたほうが楽そう。

string型なら、char型に代入するように書いても勝手に変換してくれるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です