パソコンの作業ポジションを自由に変えれないか模索してみる。

アームレスト買ってみました。

AREA クロームメッキ仕様肘置きアームスタンド CA-500

 

AREA クロームメッキ仕様肘置き アームスタンド マウスパッド一体型 CA-600

 

肘を楽に移動できるので、肩こりも少し減った気がします。

初めはマウスのある右側だけ、付けたんですけど、気づいたら左脇の下の筋肉が少し張るようになりました。どうやら、右肘が上がってる姿勢で作業をしていたので、相対的に左側が下がることで、変な歪が出たようです。

左側にもアームレストを付けたところ、症状が緩和された気がします。

 

キーボードも動かしたい。

 私は、マルチモニター環境作ってるんですが、右のモニターを見ながら作業するときに、少し体を右に向け、左のモニターを見ながら作業するときは、少し左に体を向けて操作します。これ、長時間作業してると、地味に疲労感が出てくるんです。

 今回、アームレストを買ったことで、簡単にひじの位置を移動できるようになったので。キーボードもずるずると少し引きずって移動して使うようになりました。楽なポジションでキーボードの操作が出来るので、非常に良いのですが、マウスと違ってキーボードは滑り止めを付けて、なるべく動かないようにされているため、今回の様に頻繁に少し動かしたい時は少々煩わしく感じます。

アームレストで自由にポジションを変えれるようになったので、簡単にキーボードの位置も変えたい!と思い立ち、何かないか、色々探してみました。考えられる方法としては、キーボードスライダーで机の上をスぺらせるか、キーボードアームで動かせるようにするのが主流のようです。

ナカバヤシ キーボードスライダー 机上ラック ディスプレイボード ダーク木目 DTR-201DM

DN-88264 キーボード用アーム

 

どちらも悪くはないんですが、キーボードスライダーは、私の使っているキーボードだと少しはみ出るので、少々不安定なうえに、意外と厚みがある、キーボードアームは、個人的に少しごてごてしすぎかなと。

大きめの薄いキーボードスライダーが在ればいいんですが。どうも無い様です。自作しても良いんですが、そもそもで、大きい板が机の上にあるのはあまり見た目が良くないかなとも思い一旦ボツに。

 

やっぱりキーボード動かしたい。

まあ、そもそもを考えるなら、キーボード自体がスルスル机の上を移動できればいいわけです。というわけで、キーボードにボールキャスターを組込めないか検討してみました。一応小型のボールキャスターはあるようですが、それでも、高さが10.16mmありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DFRobot 0.4” ボールキャスター(金属ボール)
価格:261円(税込、送料別) (2018/5/19時点) 

出来れば5mm位の厚みの物が在れば一番良かったんですが、10mm位が最小のようです。

 

もっと簡単に出来ないんだっけ?

もっと探してみました。

ニチアス トスベール 30X12mm 18枚入り

 

ボールキャスター何てなくても、滑りやすくするだけでも十分じゃね?と気づき探してみたらありました!

カグスベール。元々引き戸の滑りを良くしたりするのに使うようですが、カスタマーレビュー見ると、マウスを滑りやすくするのに使えるという口コミばかり・・・w

 

貼ってみました。

 

意外と良さげ。めちゃくちゃではないですが、適度に滑ります。

滑りすぎてもキーボード打ちにくいかもしれないので、しばらくこれで使ってみようと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です