Windows7でのIndex検索を無効にする

Windows7で検索をすると、下層のフォルダには絶対入っているはずのファイルが出てこないことがある。
これは、Windowsがこのディレクトリのインデックスを作成していないからだ。

普通、インデックスを作成されていない可能性があるなら検索終了後に、「このディレクトリ下のインデックスは最新ではない可能性があります。」という旨を表示するなりして、昔通りの検索も実行出来るようにしておくべきである。
しかし、あほのMSはそんなこと考えもしなかったのかそのような機能はない。

よって、欲しい結果を出さない検索なんて使い物にならないので、常に従来通りの検索を行うようにしたい。

方法1
1. コントロールパネル→管理ツール→サービスを開く
2. Windows Searchをダブルクリック
3. 停止をクリック
4. スタートアップの種類: 無効

方法2
1. コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\プログラムと機能
2. Windowsの機能の有効化または無効化をクリック
3. Windows Searchのチェックマークを外す
4. 警告出るけどOKして再起動

これで、インデックス作成に使われるPCリソースも節約出来るので一石二鳥とも言えるが、他の使えるインデックスを用いる検索ソフトを入れるからこれは多少ましになるという程度かな?w

追記:
Windowsの機能の有効化または無効化からWindows Searchを無効にしてしまうと、スタートメニューの検索ボックスと、エクスプローラーの右上の検索ボックスが消えてしまいインデックス無し検索自体出来なくなってしまう。
Windows標準のインデックス無し検索を利用したい人はサービスは無効にしても、機能を無効にしてはいけない。

 

備考: 旧ブログ移植

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。