ICE IV putty-gdiの設定ファイルをレジストリからINIファイルに移行する

puttyのRegistryにある設定をiniに使用としたらちょこちょこ引っかかったのでメモ

移行の仕方
1. 以下のプログラムをダウンロードして解凍
PuTTYごった煮版 レジストリ<->INIファイルコンバータ
http://yebisuya.dip.jp/yeblog/archives/a000456.html


2. Cygwinをインストール
セットアップでPerlを有効にしておくこと。 binとかsbinのディレクトリを環境変数のPATHに追加することは忘れない。詳しくは、この辺で頑張れ!

3. nkfが入っていないなら、こことか見てnkfをインストール。
環境変数のPATHに/usr/local/binに該当するディレクトリが含まれていることは確認すること。

4. バッチファイルを配置
このバッチファイルをダウンロードしてreg2ini.plと同じディレクトリに置く。

5. バッチをダブルクリック
バッチのあるフォルダに、putty.iniが作成される。
それを、putty.exeと同じディレクトリに置くとその設定が読み込まれる。

追記: 2011/11/02
reg2ini.plで単純に出力すると、多分UINTとINTの都合でLogFileClash=-1となるはずが変な値になってるっぽかった。
その所為で、その状態のiniをputtyに読み込むとSession→Loggingを開いたときにputtyにerrorが発生し強制終了してしまった。
そこで、LogFileClashの値を-1に置換するようにした所問題無く読み込めるようになった。
もし、このパネルの設定をputtyで行っていた人は、LogFileClashに該当する項目の値を確認の上修正して下さい。
また、バッチファイルをアップしておいた。

 

備考: 旧ブログ移植

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。